病院の食事は治療の一つとして重要です

栄養部では、入院患者の献立表を作成し、病棟に食事の提供を行っています。病状によっては食事中のカロリーや脂肪・塩分の量を厳密に制限しなくてはなりませんし、消化管の手術のあとには流動食、分食(一回の食事量を減らす代わりに食事回数を増やす)などのオーダーにも対応しなくてはなりません。

患者さんの食物アレルギーや嗜好にも配慮する必要があります。そこで管理栄養士は、治療上の制約を踏まえつつ、患者さんの要望も取り入れたメニューを検討しています。

カロリーや塩分などを制限

必要があれば入院食の内容について患者さんと面談を行いますし、自宅での食事の摂り方や調理方法について患者さんと家族の栄養指導も行っています

実際の調理は調理師が行っています。なるべく温かい食事を提供できるように、最近は食器や搬送方法も工夫されています。病棟では、看護師や看護助手が配膳を行います。

治療のために食事が禁じられている患者さんの病室には「禁食」の立て札がおいてある場合もあります。なお、病院食の品質管理のために、毎日院長や当番医が病院食を検食し、味付けや色彩、温かさなどについて所見用紙に記入しています。

調理を外部に委託し、栄養部門を栄養管理に特化させる病院も増えてきましたが、外部への委託によって栄養部門の職員が解雇されるケースもあり、病院と栄養部門の軋轢を生むことがあります。